• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>就職・キャリア支援>就業力向上支援室
就業力向上支援室

1.プレ・インターンシップって何?

 福岡県立大学では、大学1・2年生を対象とした就業体験を実施して

います。一般的には3年生でインターンシップを体験することが多いのですが、

本学では早い時期に体験できることが特徴です。

<プレ・インターンシップ体験学生の体験談をご紹介します!>

NABEKURAさん写真.JPG

鍋倉 悠那さん

人間社会学部
人間形成学科 
 1年

■体験先 社会福祉法人豊徳会 児童発達センターきらり

 高校生までは親や先生の言うことを聞いていれば良かったのですが、社会に出たらそう言う訳にもいかないと思ったのが、インターンシップの履修動機です。インターンシップを体験して、社会とのつながりができ、将来の目標が具体的になりました。体験はうまくいかない事も多くありましたが、自分に足りない能力やこれからどんな行動をしたらよいかが見えました。インターンシップ前のビジネスマナー研修で電話応対の実践練習をしたことは、これからも多いに役立つと思います。また、体験終了後の報告会のプレゼンテーションでは、パワーポイントを作り、指導を受けることができましたので安心して発表に臨むことができました。この報告会をきっかけに大学祭の体験発表会のプレゼンに立候補しました。大勢の人の前での発表はとても緊張しましたが、何度も練習を重ねましたので、落ち着いて発表することができました。インターンシップを通して、一歩踏み出す勇気をもてた事が私の一番の成果だと思っております。

HAYASHIさん写真.JPG

林 光星さん

人間社会学部
社会福祉学科
 2年

■ 体験先 田川市社会福祉協議会 / 田川市立鎮西小学校

 私は大学1年生の時にプレ・インターンシップを体験いたしました。インターンシップ終了後に、体験先の方をお呼びして報告会を実施したのですが、その時に1年生の私が運営チームの統括リーダーの役割に挑戦しました。はじめは、人前で話をしたり人に指示したりするのが苦手な自分ができるのだろうか?という不安もありました。しかし、他のみんなと協力できるよう進んでコミュニケーションをとったり、全体の動きを理解して発信するなど意識して行動している自分に気付きました。活動を通してリーダーとしての全体を見る目が自然と身についたと思います。

 統括リーダーを経験したお陰で、その後何度も大学行事でプレゼンテーションをする機会に挑戦いたしました。自分から進んでやる事で、苦手だと思っていたことにも自信をもてるようになりました。

<プレ・インターンシップ3つの特徴>

【特徴1】

 1・2年生の早い時期からプレ・インターンシップ体験をすることで、先入観なく職業理解ができます。

【特徴2】

 プレ・インターンシップは履修科目として登録し単位取得できます。

【特徴3】

 履修科目であるため、担当教員や職員の丁寧なサポートが受けられ、安心して体験できます。

<平成30年度実施概要>

【実施期間】

 夏休み期間に5日間~10日間体験

 1年生5日間(履修単位1単位) 2年生10日間(履修単位2単位)

 ※平成30年度は、1年生2年生合計20名の学生が体験いたしました。

 ※平成31年度からは、5日間(履修単位1単位)となります。

トップ
このページのトップへ