• English
  • 中国語
  • 韓国語
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

公立大学法人 福岡県立大学

HOME>就職・キャリア支援>就業力向上支援室
就業力向上支援室

1.プレ・インターンシップって何?

 インターンシップは、3年生で体験する学生が大半ですが、本学では、大学1年生を対象とした就業体験を実施しています。

 受入先は地元企業や団体にご協力いただいています。

 なお、本学のプレ・インターンシップは、単位認定(1単位)科目として開設されています。正課科目を通して教職員の丁寧なサポートが受けられ、安心して体験することができます。

★1年生の早い時期にプレ・インターンシップを体験することで得られること★

☆社会を知り"働くこと"への不安を軽減!

早期に社会のしくみや人と人との繋がりを学ぶことで、"働くこと"に対する心構えができ、将来への不安を軽減することができます。

☆自分を知り、さらなる成長を目指す!

履修を通して自身の課題に気付き、その後の学生生活の中でじっくり課題改善に取り組むことができます。

☆学科の垣根を越え、多様な価値観に触れる!

4学科全ての学生が履修対象のため、他学科の学生とのディスカッションや協働の機会を通して多様な価値観に触れることができ、視野が広がります。

☆令和元年度体験学生の体験談をご紹介します☆

   


喜多下さん(写真2).jpg

◆人間社会学部 公共社会学科 1年 喜多下 七海 さん

<体験先:田川市立図書館>

コメント

 体験中、利用者の方がカウンターに来られても、気づくのが遅くなってしまった経験から、手元の作業ばかりに集中してしまうという自分の短所に気がつきました。その後、周りを見て行動するという力をつけたいと強く思うようになりました。

 履修前は不安な気持ちでいっぱいでしたが、大学で開講された事前研修で電話対応の実践練習などをしっかりと学び、事後研修を含め、大変充実した体験期間を過ごすことができました。


佐々木さん(写真4).png

◆人間社会学部 公共社会学科 1年 佐々木 結衣 さん

<体験先:株式会社ヒューマンライフ>

コメント

 私は将来就きたい職が決まっておらず焦りを感じ、プレ・インターンシップで自分探しができればと思い参加しました。
 私が今回学んだことは、自分がどのような環境で働きたいかがとても重要だということです。仕事とは自分がやりたいことも大切ですが、どう生きたいかがそれ以上に大切であり、それを考えるきっかけになりました。

 今回の体験は、人と人との関係性を大切にするヒューマンライフさんの姿勢に影響を受け、自分の人生観が変わる大きなターニングポイントになりました。


村田さん(写真2).jpg

◆人間社会学部 人間形成学科 1年 村田 野々夏 さん

<体験先:社会福祉法人 豊徳会 児童発達支援センター きらり>

コメント

 私は、体験を通して自分自身の課題を発見すると同時に、将来社会人としての具体的なイメージや職業観を持つことが出来ました。体験中は、初めてのことが多くなかなか上手くできないこともありましたが、失敗から気づくことが多くあり、出来なかったことが少しずつ出来るようになったことは自信につながりました。 

<令和元年度実施概要>

【実施期間】

 夏休み期間に5日間体験

 1(※1).2年生5(※2)日間(履修単位1単位)

 ※1)令和元年度は、1年生2年生合計31名の学生が体験しました。 

 ※2)令和2年度から標準履修年次は1年生、5日間(履修単位1単位)となります。 

トップ
このページのトップへ